其の四十三「常燈の間と石視蛇」