「創龍記」について

『創龍記』は、2005~2011年までサイトで連載していたオリジナル漫画です。

あらすじは、七つの魔力と七つの魔族が存在する「魔虹」という世界で、紫雷国の皇子『雷紫苑 瑩无』が謎の男『遠呂智』から世界を救う方法を探すため、仲間とともに旅をするうちに、自分自身と世界を巡る大きな謎に巻き込まれていく…というお話です。

再掲載するにあたって、内容は連載中のものとかわりませんが(セリフに若干変化あり)、絵柄はもとの絵を活かしてかなり修正してあります。
また、端末で読みやすいようにセリフの文字も全体的に大きくしました。

この漫画は「電子同人誌」として、8冊のコミックにまとめてもあります。

電子書籍作成・販売サービス「パブー」

ダウンロードできる形でまとめたことにより、手もとに置いて気軽に楽しめるようになったのと、伏線の多い長編ストーリーなので、気になる部分が読み返しやすくなったのが良かったかなと思っています。

世界観は江戸時代がモデルとなっています。
和風ファンタジーがお好きな方に楽しんで頂けましたら幸いです。

2019.7.15 修正